をたくな日々録なり
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Gunslinger Girl
色々と評判を聞いていたので、前々から興味があった漫画の一つ。
それがGunslinger Girl
だけど、なかなかこの漫画を手に取らなかった。取れなかった。なぜなら。

十年ぐらい前にとある血まみれアニメにインスパイアされて(要はパクって・笑)書こうと思ってたラノベに、なんとなく似ていたから。
頭の中をパクられた!
とはさすがに永遠の中二病患者でも思わない。
でも、やっぱり自分と発想が似ている漫画を読むのはなんとなく・・・なんとなくで気が付いたら避けていて・・・。でも勇気?を出して読んでみると。

感想:すんませんでした(土下座)

似てるとかあほな事ぬかして、ホントもうすんません。
ただただ、材料の選び方もだけど、素材を活かす調理がどれだけ大切かを学習。
内容はぶっちゃけ良くある、子供を殺人マシーンに調教しちゃって×××。
これだけ書くとB級どころかC級くさいですが、ソレが淡白な絵柄とあいまって欧州の退廃的でどこか静謐な絵画を鑑賞しているような気分に。
まだまだ導入部分しか読んでませんが、これがBLACK LAGOONの双子のような結末にならないことを期待。

お試しで2巻まで買ったので、モチロン続き購入決定。
コンシェルジュと並んで散財の予感・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。